新宿シェパード

街を人知れず守る“シェパード”を巡る、どこかにあるかもしれないSF綺譚。
連作短編風の作品です。


◆あらすじ◆
眠らない街、新宿。多くの人間が行き交うところに集まってくる《あれ》からその街を守る“シェパード”、コウ。
何の疑問も持たず、淡々と自分の仕事をこなしていたコウの元に、ある日“ネコ”と名乗る女が現れて――


新宿シェパード

160円

言い値書店さんでePub版を無料で購入することもできます。
★Kindleストア以外でも買えるようになりました。


Note
何気ない毎日の裏側には、こんな世界があるかも、という着想から書いたお話。
執筆時期としてはほかの作品よりも少し前になります。
表紙のラムネは作中にもたびたび出てきますが、私の好物の一つです。

ちなみに、新宿は聖地です(椎名林檎的な意味で)。

広告

新宿シェパード」への1件のフィードバック

コメントは受け付けていません。