一小路真実は興味がない~「月刊群雛」2015年12月号~(連載)

日本独立作家同盟のインディーズ作家を応援するマガジン、「月刊群雛」にて、
2015年12月号より連載枠で「一小路真実は興味がない」という少女漫画風ライトミステリー(多分ラブコメ)小説を連載してます。
今作、「体育館倉庫chattering」「白雪姫のための毒リンゴ(ジュース)事件」と同じシリーズになります。前者が7月、後者が9月の話で、今作が5月の話です。


〈あらすじ〉
私の名前は一小路真実。高校生になったはいいけど、どうにもこうにも肩透かし。図書委員になっちゃったし? ほかにやることないしさー、なんて言い訳しつつ、静かな図書室に入り浸る平穏な毎日。
そんな五月のある日の放課後。クラスメイトの間宮まみや優樹ゆうきが、私の平穏をぶち壊しにやってきた。
「一小路さんって、俺のこと好きなの?」
んなわけあるかー!
って感じだったのに、気がつきゃ間宮のお手伝い、謎のラブレターの送り主を探す羽目に。そんなのまったく興味ないってゆーのにさ!


◆第23号(2015年12月号)~連載第1回~

cover1_promotion_w300
★販売ストアはこちらから★

◆第24号(2016年01月号)~連載第2回~
201601_cover1_promotion_w300

★販売ストアはこちらから★

cover1_promotion_w300_201602
★販売ストアはこちらから★

広告